1. 個別指導Axis - 浅理さんインタビュー

個別指導Axis-浅理さんインタビュー

インタビュー内容

塾講師になろうと思ったきっかけ

もともと子どもが好きだったので、個別指導の塾講師の求人が目に留まり、やってみようと思ったのがきっかけでしたね。 ただ、勉強を教えることには自信がなく、子どもは好きなものの、先生が務まるのかと不安でした。 そこで自分を後押ししたのは、求人誌に載っていた「先生になるなんて無理だと思っていませんか?」というフレーズでした。 まさに自分のことを表している言葉だったのですが、ここならやれるかもしれない!という思いになりましたね。

やりがいを感じる瞬間

個別指導Axisでのやりがい

1番は生徒が成果を出した時ですね。目標設定をし、その目標を達成するための具体的な行動項目を考え、実践し、 試行錯誤しながら目標に近づき、やがて成果を挙げる。結果だけではなく、私はそういったプロセスを評価したいと考えています。
こうしたことの積み重ねによって、生徒は成長していくと思いますし、それが、将来のためにも大切なことだと考えています。 それから、生徒が成果を出した喜びを講師の皆さんと分かち合えた時にもやりがいを感じますね。

なぜ個別指導Axisを選んだのか

個別指導Axisを選んだ理由

ズバリ、「人」です!様々な企業を見て回りましたが、選考過程でお世話になった方々や先輩社員の人柄を見て、 自分に合いそうだなと感じ、この会社にしよう!と決めました。

実際に各教室でも、そういった雰囲気の良さは感じられると思います。 私は現在、講師の採用にも携わっているので、今度はAxisの雰囲気を感じてもらう立場として、 新たな仲間となる方々との出会いを楽しみにしています。

塾講師の仕事で1番印象に残っている出来事

大学生の頃、アルバイト講師をしていた時に初めて担当した生徒との思い出が、1番印象に残っています。 当時小学4年生だった女子生徒で、中学受験を目指して頑張っていましたが、 なかなか成績が上がらない時期が続いていました。
授業に加え、自習の時間にも声をかけ、二人三脚で取り組んでいました。 小学6年生の秋になり、ようやく結果が出始め、見事志望校に合格できた時には自分のことのように本当に嬉しかったです。

個別指導Axisで働くメリット

私は、生徒の成長だけでなく、アルバイト講師の皆さんにも、Axisでの勤務を通じて成長してもらえたら嬉しいなという思いで、 日頃の業務にあたっています。学生の方であれば、今後の就職活動や社会人になってからも役立つような一般常識やビジネスマナーの基礎、 コミュニケーション力などを身につけてもらい、人間力を高めてもらえたらなと思っています。Axisで働いていて良かったと思ってもらえたら、 これ以上の喜びはありませんね。

浅理さんから学習塾の講師を目指す方へのメッセージ

塾講師というと、勉強をわかりやすく教えることが仕事だと考えられがちです。もちろん大前提としてそのことは必要ですが、 私はそれだけではないと思っています。子ども達が自ら勉強できるようなきっかけづくりをしたり、 学ぶことの大切さに気づいてもらえるような働きかけをすることの方が、より重要であると考えています。
ですので、「教える」こと以上に、自分の経験を語るなどして、「導く」ことを意識してもらえたら良いのではと思います。

個別指導Axisの注目ポイント

生徒と二人三脚。じっくりと生徒を指導できます。

浅理さんからのメッセージ
  • 求人応募する

塾講師アルバイト必勝ガイド

集団・個別指導の違い

集団・個別指導の違い 集団・個別、あなたに合うのはどっち?
集団・個別指導の違いも見る

面接のマナー

面接のマナー 面接のマナー、準備、よくある質問など
面接のマナーを見る

履歴書の書き方

履歴書の書き方 ここだけは押さえたい、履歴書のコツ
履歴書の書き方を見る

応募電話のかけ方

応募電話のかけ方 応募電話のかけ方について
応募電話のかけ方